看護師だって身だしなみがポイント

看護師の場合、慢性的な人手不足で売り手市場と言われています。しかし、人気の病院や職種・働き方から条件を絞ると一部に応募が殺到する。そうなれば、売り手市場といって高飛車な態度をとっていては、希望の職場に転職できません。

面接での身だしなみはどうでしょうか?普段の看護師さんは頭はぼさぼさで化粧っけがなく指先の手入れがなく爪がぼろぼろ。一般的な女性に比べ、身だしなみに気を使ってないと感じています。看護学校の就活サイトを参考に何を教育しているのかチェックしてみました。

看護師の髪型には、これと言った縛りはありません。
【清潔感を第一に考える】 【患者に不快感を与えないもの】であることが前提。
そう言った印象を与えない工夫がされているのであれば、長い、短いに関して問われることはないようです。
ひとつ結びに出来ない半端な長さではダメなのだろうかと考える必要はないでしょう。
長過ぎるから、短くした方が面接に有利と言うこともありませんので、無理に切る必要もありません。
カラーリングに関しても、常識の範囲であれば問題視されることはありません。
日本人なのに金髪であればさすがに清潔感も感じられず問題視されることもありますが、そんな看護師が実際存在するかどうかの方が謎ですね。

そもそも、常識のない人材が看護師になれるとは思えません。
みなさん、常識をしっかり理解して看護師になっているはずですので、病院内に必要な看護師として選んだ医師や先輩看護師の信頼を損なうような身だしなみで勤務するひとはいないでしょう。看護師の身だしなみは病院の印象に直結することは理解の範囲でしょう。全員同じ看護服を着ているため、個性を出す場が髪型かもしれませんが、その個性は勤務中に必要なものでしょうか。仕事とプライベートが上手に分けられる人なら、患者が引くような髪型で勤務することは控えることでしょう。それが社会人であり、大人の身だしなみと言えるのではないでしょうか。