スマートに仕事を辞める方法

仕事をしていると仕事が面白くなかったり、ミスが続いたり、人間関係がうまくいかなかったりと仕事を辞めたいと思う人は多い。

しかし、いざ仕事を辞めるとなると、次の仕事を探さなくてはならず、経済面についても考えなくてはいけません。
また、「辞めたくなったから辞めてやる」などと感情的に仕事を辞めてしまえば、その後の人生にも響きかねません。
ここでは仕事を辞めた後の人生にも影響を及ぼさないような上手な仕事の辞め方について紹介していきます。

・会社を辞める理由を良く考える
「冷静に考えてみれば、配置さえ換えてもらえばやめる必要なんかなかったのに」後から思えば、相談すればよかったと後悔することがあります。度重なるストレスのあまり、感情的になって、辞めなくてもいい仕事をつい辞めてしまったという人も少なくありません。感情的にならないためにも、自分はなぜ今仕事を辞めたいのか、冷静に理由をまとめて見ましょう。辞めたい理由を可視化することで、どう対処すればよいか冷静に判断できます。
・辞めると決めたときは早めに会社に報告する
仕事を辞めると決めたときは、辞める2ヶ月くらい前までには話しておくと、会社側も仕事を引き継ぐ人を探せるので受け入れやすいでしょう。また、仕事を辞める時期は会社の忙しい時期を避けて報告するようにしましょう。
・会社への不満はなるべく持たない
仕事を辞めたいと思う理由はそれぞれですが、その理由一つ一つに不満を持っていては、新しい仕事先に行ったところで不満は又出ます。不満を持つなというのは難しいですが、色々と勉強させていただいたという常に感謝の気持ちを持って仕事していれば、仕事を辞めても次はすばらしい職場がきっと見つかるでしょう。決して不満で仕事を辞めるなどとは考えないようにしたいものです。
・会社への退職の意思表示
良く、飲み会などの席で部下や同僚に「仕事を辞めたいとおもってるんだ」ということをついついもらしてしまい、後から上司に伝わるということがありますが、これでは円満に仕事を辞めることはできません。仕事を辞めると決めたなら一番最初に自分の直属の上司に。そして部下や同僚という順番で伝えましょう。退職願を書くときは細かく書く必要はなく丁寧に「一身上の都合」と書くように。また、書式が決まっているところは書式にしたがって書くようにしましょう。
・最後まで気を引き締めて仕事をする
仕事を辞める日が決まったら「どうせ辞めるんだから」といって気を緩めて仕事をしない人も多いのですが、辞めるからこそしっかりと気を引き締めて仕事しましょう。「立つ鳥後を濁さず」ということわざがありますが、自分がいなくなった後でも、部下や後輩が同じような仕事ができるように引継ぎや、関連会社などへのあいさつ回りなどもしっかりとやっておきましょう。

退職を考えたら、見てほしいサイト<<最後の転職-決意表明->>がある。辞め際を美しくスマートな印象を残せば、退職後、思わぬ助け舟や協力してくれる人が現れるもの。人とのつきあいは、去り際・辞め際が大事です。