中途面接ならではの逆質問

会社の採用面接のとき、面接官は必ずといっていいほど「逆に質問はありますか」と聞きます。なかなか切り出しにくいものですが、中途採用の人たちにとってはこの時間が最大のアピールです。
そこまでなかなか自分をアピールできなかった人も、この時間帯を狙って積極的に自分をアピールできれば、採用されること間違いありません。

・やる気をみせることができる逆質問
会社側に、この会社でどうしても働きたいという意思をアピールします。
「採用していただけたらどこの部署ではたらけるのか」
「配属先の部署の一日のスケジュールや仕事の流れを聞きたい」
「自分と同年代で働いている人で実績を残している人はいるのか」
「入社が決まったら入社するまでに学んでおいたほうがいいことがあったら教えてください」
「今まで自分が積んできた実績で足りないことが合ったら知りたい」
「この会社の商品に魅力を感じているのですが、その商品に携わる仕事はできますか?」

・自分の長所を謙虚な気持ちでアピールする逆質問
会社側が必要とする長所は「責任感」、「協調性」、「積極性」です。
それらがうまくアピールできるような逆質問を行うと効果的です。
「自分はこのような性格なのですがこのような性格を生かせる仕事はありますか」
「前の職場でこのような仕事をしてきましたが、こちらの会社でも通用しますか」
「自分が持っている資格はこちらの会社は通用しますか」
など、さりげなく自分のことをアピールしながら自分がこの会社で働きたいことをアピールするといいでしょう。

・聞きづらい労働条件を確認する
面接を受ける側からしても聞きにくい問題ですが、会社側にとっても答えにくい部分です。確認するときは慎重に。聞き方によっては会社側に悪い印象を与えることになりかねないので気をつけてください。
「前の職場ではこのくらい残業をこなしてきたのですが、こちらではどのくらい残業がありますか」
「仕事の繁忙期はいつごろですか」
「年末年始はどのような勤務体制になっていますか」
こういった労働条件に関しては大体どのくらいという聞き方に徹し、深追いするような聞き方は辞めましょう。